男の離婚準備

【男性が考えておきたい離婚準備】残債のある自宅は、離婚時に財産と呼べるか?

離婚準備に入った時に、夫婦である男女が持っているのが、二人で築き上げた借金ということもあります。

 

夫婦の片方が自分たちの生活に関係のない借金を作ったのであれば、それは作った方の責任ですが、
生活に必要なものとして借金をしたのであれば、たとえそれが片方の収入のあるものが借りたローンの残債であっても、
夫婦二人のマイナスの財産だといえるでしょう。

 

そこで、そのマイナスの財産をどのようにすればよいのでしょうか。
もしも、夫である男性に収入があって、住宅ローンも夫が借りていて、夫の不貞が離婚準備に入った原因ならば、
妻に残債のあるマイホームを譲り、そのローンを夫が支払い続けることで、慰謝料とすることも出来ます。

 

しかし、不貞を働いたのが妻の方であり、妻に収入がある場合は、住宅はそのまま夫名義で、
住宅ローンを妻が慰謝料代わりに支払うという方法もあるでしょう。

 

また、二人共にそれぞれ離婚準備に入った原因があって、お互いに慰謝料を支払わないなど、
相殺することになった上、家は売っても売却益がなく、残債を処理できなかったとしたら、収入のある方が負担するなどになるのかもしれません。

 

どちらにしても、その状況や金額によっても対処法が変わって来ますので、弁護士などの法律の専門家に相談することが解決への近道だといえます。
法律の専門家であれば、各々にあった早期の解決方法を探しだすなどして、きっと良い提案をしてくれることでしょう。